七五三着付け 五歳羽織袴

袴の履き方

袴のはき方:
着物を着て、帯を締める;(一文字結び)

図 1
図 2
● 袴の中をよく見て左右の穴に片足ずつ入れてはきます。両足を入れたら、歩きやすいように着物の裾を左右に振分けます。
※角帯が1cmくらい見えるように前紐をあてます。
※袴の前裾は足の甲すれすれくらいになるようにします。
● 前紐を後ろに廻して、一文字の結び目の上でクロスさせて、一度紐を締めます。しっかり締めたら、両脇から前に紐を廻します。次の図のように;

図 3

図 4
● 左右の紐を重ねて揃えます;● 両脇から再び後ろに廻します。 

図 5

図 6
● 紐は帯の結び目の下で蝶結びにします。解けないようしっかりと結んで下さい。● 図のように袴の後ろ側の腰板についている「ヘラ」を、背中の中心で帯の一番内側(長着と帯の間)に挟み込みます。

図 7

図 8
● 図のようにヘラを差し込んだら、袴の腰板を一文字の結び目の上に乗せて安定させ、背中に密着させるようにぴったり添わせて袴の後紐を前に廻します。● 後紐は前で一度引っ張ってから、身体の中央で左の紐を上にして左右の紐を重ね合わせます。揃えて持った後ろ紐を、図のように前紐の下に引き出したら、左の紐を上にして中央で交差させます。

図 9

図 10
● 左手に持った紐を上に上げて、前紐に絡げるようにして下に引きおろします。もう一度前紐に絡げるようにして下に引きおろします;● 図のように右手に持った紐を端から巻くようにして折り畳みます;

図 11

図 12
● 図のように畳んだ紐の中央が結び目の真ん中に来るようにして、結び目の上に置きます。● 下の紐で畳んだ紐の中央を下から上に巻き込み、前紐の内側を通して下に引き下ろします;もう一度同じように巻き込んで降ろしますが、その時紐を輪にしておろし、指を輪にかけて上に残っている紐を引きもう一度締めます。上に余っている紐は内側に織り込んで前紐の内側に挟み込みます
結び目の上下左右を整えて、十文字結びのできあがりです。
※十文字の形は、上下に出ている紐の長さを、左右の紐の長さよりやや短めになるように整えるときれいに見えます。

紋入れ 貼り紋 家紋シール

七五三サイズ調整 肩上げ 腰上げ

男の子産着,お宮参り初着,お宮参り着物,男児初着,男児産着,百日お宮参り,

女の子産着,お宮参り初着,お宮参り着物,女児初着,女児産着,百日お宮参り

女の子産着,お宮参り初着,お宮参り着物,女児初着,女児産着,百日お宮参り

七五三 バッグ 巾着

七五三 草履

七五三 髪飾り

 

着付け・帯結び

発送業務お休み予定日
  • 今日
  • 発送業務お休み

※土・日・祝・祭日の商品発送業務は、お休みとなります。

※お急ぎの方は、必ず事前メールにてご相談下さい。

※ご要望に沿えない場合も御座います。予めご了承ください。

QR

ページトップへ